2008年07月30日

内定出た

ちょっと今さら感があるんですが内定が出ちゃいました。


ただ、行くかは迷ってます。


池袋の東急ハンズの隣にあったりする某Hという映画館なんですが。




映画の仕事は制作・配給・興行とある中で、興行は一番興味ないからなぁ。

まぁぶっちゃけ接客業ですから。

お給料が高けりゃまだ良いんですけどね。
興行ってのは一番儲からないポジションなわけで。

うち(109シネマズ)の社員も「ポップコーンが売れなきゃ商売にならない」と良く嘆いておられるわけで。



とりあえず考えます。18日に会社行ってお話します。

少なくとも予告編作る会社はうけるつもりだしそこに受かればそっち行くんだけど。選考が9月までかかるからなぁ。待ってくれるかどうか。

18日に印鑑を求められないといいのだけど。


未だに最悪留年の可能性はあり。





さて明後日8/1から11まで私はアメリカに行きます。

フロリダのディズニーに6泊と残りをニューヨークだそうで。



お土産でなんか欲しいものがある人は言って下さい。
特にない場合はグロテスクな色のお菓子を嫌味なくらい大量に買ってきます。
嘘です。


帰ってきたら飲みやら麻雀やら行きましょう。
posted by ヤマ at 23:39| 東京 ☁| Comment(8) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

『崖の上のポニョ』 3.5/5点

今年の27時間テレビは最高に面白かった。


だいたい、24でも27でも毎年下らない企画をグダグダやっててなんも面白いことなんてないんですけど、今年はやばかった。


さんまさんはやっぱり神様だなぁ。話のふり方、広げ方のレベルが違うわぁ。

紳助、たけし、大竹しのぶとの絡みも最高でした。

ダウンタウンが出てるのみたかったなぁ。



やっぱりベテラン陣は違うね。今の芸人とかアレに比べるとカスですよ。ジミー大西の方が100倍面白い。



さてさて、タイトル通りポニョです。久々に映画ネタ。まぁジブリですから。


感想からいうと、過度の期待はしちゃいけないと思う。ただまぁ純粋に面白い。

ていうかジブリ、ストーリーもそうだけど、画の方向性もだいぶ変えてきたなぁ。

直線がほとんど存在しない。車の中と船くらい。後は手書きマックスで、懐かしい感じのアニメになってました。


ネタバレしまくるので観てない人はこれ以降見ちゃだめ。



ポーニョポーニョポニョ
posted by ヤマ at 23:47| 東京 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 映画(ネタバレあるかも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

せれぶれーしょん

行ってきました!!!


日本公開30周年記念!

スターウォーズ セレブレーション ジャパン!


すっげぇ楽しかった。



写真はmixiに載せてあるんでそっち見て下さい。


というのもようやくデジカメを買いまして。
どうせアメリカ行くし夏合宿でもありゃ使うだろうし卒業(するかわからない)旅行でも使うし。

まぁあるに越したことはないやろっていうことで、ビックカメラで安いのを探して買いました。

ペンタックスというところの。2GBのSDカードとあわせて2万ちょいだったかな。ポイントで4000くらい安くして。



おかげで撮った撮った。

ていうかデジカメすげぇ。きれいだなぁ。画像がでかいっていうのが当たり前だが良い。



それはさておきセレブレーションですよ。

狙いは完全にマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー)とアンソニー・ダニエルズだったわけですが。

本当はキャリー・フィッシャー(レイア・オーガナ)とケニー・ベイカー(R2-D2)も来るはずだったが直前にキャンセル…。



まぁそんな大御所来たらお金持たないわけですが。


というわけでマークとアンソニーに引かれるくらいの金額を払ってサインと握手してきました。

本当は二人とも色紙にしてもらいたかったけどアンソニーは色紙にはサインしない主義だそうで。


しかしまぁ私の子孫はあれを代々受け継いで100年後くらいにお宝鑑定団にでも出してください。




しかしスターウォーズというのは根強いということを実感しました。


入場料クソ高い(大人は最低4000円)し、そんなこないかと思いきや、会場1時間前に行ったら1000人くらい並んでたし、たぶん1・2万は来てたんじゃないかと。

5人に1人はスターウォーズのTシャツを着ていて50人に1人はライトセイバーを持っていて100人に1人はコスプレしてました。

写真を観ればわかると思いますが、遠くでライトセイバーが光ってたりベイダーのマスク持ってる人がいたり。オタクすげー。



一番意外だったのが女性が多かったこと。
半分くらいはいたんじゃないかと。

もちろん家族とかカップルもいるんだけど女性オタクグループが結構いて。


「私の初恋はマークなんですぅ〜」なんていうきもい台詞が飛び交ってました。

子供も中学生のグループとかいたりして。やっぱり幅広い年代いるんだなぁと思いました。



思ったより狭かったしあんまり提携商品のショップが多くて出し物が少なかった感じだったけど、とても楽しかったです。


ハン・ソロがやられたカーボンフリーズの中身がジョージ・ルーカスに代わってたのは吹き出した。そっくりな上にめっちゃお腹出てたし。首がない感じまでそっくり。



こんな機会はこれから一生あるかわからないし本当はもっともっとサイン欲しかったんですがバイト代一月分を一日で使うのはさすがに無理…。
子供アナキンとかダース・モールとか欲しかったなぁ…。


後ポスターの本物が神過ぎて真面目に欲しかったが40万とかだった…OTL


お金が消えたが最高の一日でした。
posted by ヤマ at 19:30| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

珍事

7月某日某時刻

ヘキサゴンUはTの頃よりは面白いけれど、羞恥心が出るようになってからは面白くなくなっている。
そう思いながら卒論の資料「現代ハリウッド映画講義」を読んでいた頃。


背後で「ボワッ」っていう音がした。


見てみると母親が前髪を必死に触ってる。気のせいかパーマがかかっているような。


うちには魚焼きグリルがある。今日はサバを焼いていたらしい。

途中で開けて覗いてみるとなんと火がついていないじゃないか。

これだから古いやつはまったく…。



カチッボワッ。




どうやら火はついてなくてもガスが中に溜まってたらしく燃え上がったそうな。
そして前髪を焦がした…。




髪って燃えると本当にチリチリになるんですね。マンガは正しかった。

そんな大々的に燃えたわけじゃなく本当に一部が焦げただけなんだけど、鰹節の細かいカスをまぶしたみたいになってました。
そして臭い。



これが冬でウールのセーターとか着てたらシャレになってなかったかもしれないですけどねぇ。
まぁちょっとチリチリになっただけで良かった。


・・・良くはないか。
posted by ヤマ at 01:51| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

あれ…?

テレビで『ゲド戦記』やってたんで観ました。


最近のジブリ、と言ってもハウルとゲド、は映画館で観てなくて観たいと思ってたところにテレビ放映。まぁポニョのおかげですけど。


さすがに数字取れるだけあってノーカットですか。エンドテロップまで流すとは。




というかですね。

思ってたより面白かった。



みんなひどいひどい言ってたもんで、というかひどいという声しか聞かなかったもんで、どんだけひどいんだろうと興味本位で観てみたんですけど。



結構観れた。


途中まではクソつまらなかったので本当にだめなのかなぁと思ったら最後の方は良かったような。



あれですね、宮崎駿として期待するからみんなダメだったんでしょうね。


確かに顔はだいぶ怖かったんだけど、あんなもんじゃないですか。駿じゃなくて吾朗ですから絵も違いましょう。



俺が気になって仕方なかったのはむしろ声優。エンドロール流れたから確認できてよかった。



ハイタカの菅原分太とクモの田中裕子(夫が沢田研二だって!)以外が大根過ぎる。二人は『千と千尋』の釜爺、『もののけ姫』のエボシとジブリでは聞きなれてるし、良かったと思う。


が、しかしだ、残りのはなんだ。

テルーの人(漢字が読めない)は素人だから置いといて、岡田君もひどい。途中で『陰日向に咲く』のCM流れたんだけど、その演技をこっちでもしてくれよ、って感じでした。

後、テナーとウサギがやばかった。香川照之だとは思わなかったが。
ウサギがテナーをさらいに来る場面、テルーを加えて三人がひどすぎて笑いそうになった。



やっぱり俳優と声優はまったく別物だと思うので俳優のネームだけで使っちゃいけないと思うなぁ。



後は、うーん、アレンの影が戻ったところはもうちょっとしっかりやっても良かったんじゃないかなぁ。うっすら影を出すとかさ。




・・・wikipediaで読んでると裏設定がたくさんあるんだね。


クモが全体の悪役だという設定はまったく伝わらなかったような。均衡を破ろうとしていたのは人間だという風に描かれていたはずなのに…。

クモ倒して全部解決だったんだ、あれは…。




うーむ、海外も日本でも本当に評価が低いんだね。最低映画に選ばれまくってる…。

伝えたいことはわかりやすいと思うんだけどなぁ。それがいけないのか?

父親殺しとか共食いとか確かに均衡が崩れているっていうだけの理由では曖昧な気がしないでもないけど、現代社会をそのまま表しているような気が俺はするけどなぁ…。



まぁ俺は原作知らないし、期待もしてなかっただけにそれなりに楽しめました。



これから観たい映画

『クライマーズ・ハイ』
『ハプニング』
『スカイ・クロラ』
『スターウォーズ/クローンウォーズ』
『20世紀少年』


どれでも良いから観たい映画ある人は誘ってください。



あ、20日に幕張でスターウォーズのイベントに行きます。それも行きたい人は是非。入場料4000円だけどね☆


だってマーク・ハミル(ルーク・スカイウォーカー役)とかアンソニー・ダニエルズ(C-3POの中身)とか来るんだよ!?こんなに熱いイベントはないよ。
posted by ヤマ at 00:18| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月04日

おかしい

気づいたら七月になってるよ?六月はどこに行ったんだろう。




最近は…うーん、まぁぼちぼちやってますよ。


楽しいイベントはそこそこあったような。

サッカーの日本代表戦観に行ったり。四大観に行ったり。ディズニーランドホテル泊まったり。


しかし、時が経つのは早い。俺の前期はどこに行ったー。


そろそろ留年がリアルになってきたので前期は二個ある試験一個をスルーして2単位残す方向です。めんどい。

卒論も完全に放置してて先日ようやく先生のメールしたという体たらくぶり。



というわけでディズニーのホテルの報告をしろと誰かに言われた気がするので写真も載せときます。


母親が報道規制とかしてないって言ってたからたぶん大丈夫じゃろ。


先週の土曜から二泊しました。

ロビーは3階から9階までの吹き抜けになっていてともかく高いです。あとシャンデリアとか豪華。

そして小物類がすごい。ドールハウスのディズニーバージョンやら、イギリスのオークションで落とした1900年頃のゾエトロープ・幻灯機など。うちの専修の教授陣が涎を垂らしそうな映画史の昔のアイテム(しかも本物!)が飾ってあってすごかった。

ロビーシャンデリア.jpgシャンデリア


エレベーターでは各階でミッキー、ミニー、ドナルド、グーフィーの誰かがしゃべります。最初はおぉって思うけど毎階止まるとイライラしてきます。




9階建てなんですけど一泊目は最上階のランド側真正面のところ。普通に泊まると7〜8万するまぁスイート抜くと一番良い感じのところらしいです。

部屋の中2.jpg部屋の中


9階からの眺め.jpg眺めはこんな感じ



そして初日はご好意というかコネというかホテルの管理会社の人と共にウォルト・ディズニー・スイート(一泊50万円)に入らせてもらうことに。


なんていうかありえない。すごすぎる。200平米もありえないけど暖炉やらジャグジーやら巨大ベッドやら。これがスイートルームってやつか。



スイートルームミッキー銅像.jpg入ってすぐに銅像が!

スイートルームベッド.jpgこんなベッドで寝たい


スイートルームジャグジー.jpgジャグジー


スイートルームからの花火.jpg眺めも最高でした



ホテル完成祝いにシャンパンが配られたけどあんまり野まず。ワインよりはいけたけどね。



二日目は駅側の8階、キャラクタールーム。ディズニーキャラクターをコンセプトにした部屋で泊まったのは白雪姫ルーム。

白雪姫.jpg


壁紙も七人の小人(壁紙にはデザインの関係で六人しかいないらしい…。)でした。

こちら側はランドは見えないけどお隣葛西の観覧車や東京タワーも見える(部屋もある)ので思ったより悪くはないんじゃないかと。一日目より部屋広かったし。こっちは6〜7万円だったかな。



ちなみに一番安い部屋の一番安い時期(一月と二月の一部)で三万千円が最低らしいです。まぁ一部屋に4人まで泊まれるのでみんなで泊まればそこそこリーズナブルかと。あくまでもディズニーの近くの中では。


料理もおいしかったです。ただじゃなきゃ食えないようなのばっかり食ってたけど。

ただすべてがトレーニング中なのでグダグダ過ぎて。コース的な料理が30分に一皿ずつしか出てこなかったり。「こちらの中にお湯…、あっ、コーヒーが入っておりますので」とか。そこは間違えないでしょ、みたいなことがたくさんあったのでオープンしたら大変だろうなぁと他人事ながら思っております。


まぁディズニー好きにはたまらないんじゃないですかね。アメニティーとか全部ディズニーだし内装にもこれでもかというくらいミッキーがいるし。






そういや四大について書いてなかったなぁ。


うーん、お客の立場で見るのは本当に違和感があったけど。なかなか面白かったです。ただこっちで聴いて改めて音作りは難しいというかPA次第だよなぁと思ったり。中で聴くのとやっぱり全然違うから。本当なら指揮者はリハの時に外で聴きたいよなぁ。


早稲田はとっても良かったと思います。なんか贔屓があるようなないようなだけど。

二年生がやっぱりしっかりしてきたのは嬉しい限りですね。後輩が入ると変わるもんなのかな。

全体としての完成度が高かったと思うし、意識してただけあって強弱をしっかりつけようというのが伝わった気がします。



ていうかアレンジが良いね、うちは。これはもう完全に好みというかすでに早稲田カラーに染まった意見なんだけどさ。

なんでもっと他大はソロを立てないんだろう。
ソロいないならいないでもっと変化をつけなきゃ飽きちゃうのに一曲通してずっと同じ感じになってるから眠くなるんだよね。ただでさえJPOP多いのに。

ソロいてもすぐ引っ込んじゃったり。吹奏楽的アレンジなのかな、良く知らないが。

うちはソロの割合がかなり多いしツインとかブルースハープとか使って飽きさせないようになっていたと思う。前パも裏やったりメロディーやったり。アレンジが一番差があったように思います。


まぁなにはともあれ難波に次は行かなきゃいけないわけです。

がんばれー。
posted by ヤマ at 23:11| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月31日

暇なので描いてみた

バイト中に暇だから描いてみたシリーズ

1、パルキア

「映画 ポケットモンスター ダイアモンド&パール ディアルガVSパルキアVSダークライ」よりパルキア。


パルキア.jpg

ほんとはこの前にちょくちょく描いてたけど保存しているのはこれが最初。

2、ディアルガ

ディアルガ.jpg

当時も失敗したと思ったけどやっぱりかなり下手。


3、ダークライ

ダークライ.jpg

慎重に描いた分きれいに仕上がる。影少なめ仕様。

3、ピーターラビット

「ミス・ポター」よりピーター・ラビットとアヒル?ガチョウ?

ミスポター.jpg

微妙な出来。

4、綾波レイ@

「新劇場版ヱヴァンゲリヲン 序 YOU ARE (NOT) ALONE.」より綾波。先着入場者プレゼントのポストカードの画。

綾波 影.jpg

目が失敗してるけどごまかす。

5、綾波レイA

同上。別の画のポストカード。ほんとは後ろに零号機がいる。

綾波.jpg

目がうまくいった。調子乗って鼻の部分の影を見ないで描いたら失敗して凹む。

6、ムーミン

ムーミン。シネコンウォーカーに載ってたのを適当に描いた。

ムーミン.jpg

7、使徒@

最初に出てくるやつ。使徒は名前覚えられない。これもシネコンウォーカーに載ってたピンバッチの絵柄。

使徒.jpg

8、使徒A

最後の方の強いやつ。同上。

使徒2.jpg

9、熊

「ライラの冒険 黄金の羅針盤」に出てくる鎧熊。

ライラ 熊.jpg

かなりがんばって描いた。が、最後の方で鎧やら影やらがめんどくさくなる。

10、ミッ○ー

チケット売り場の鍵が入っている缶の画。

手書きミッキー.jpg

11、チ○プ&デー…

売っているポストカードの画。

手書きチップ.jpg

デ○ルが見切れた。

12、手@

手。

手.jpg

中指が折れていると言われる。高校の時は手のデッサン10取ったんだが…。難しい。

13、手A

手2.jpg

14、手B

手3.jpg

うまく描けず手が嫌いになる。

15、パルキアA

パルキアリベンジ。師匠のを見ながら真似て描く。

パルキア2.jpg

ちなみに師匠が描くと

神パルキア.jpg

うますぎる。

16、ミ○ー

ミッ○ーと同じ缶の反対側。

ミニー.jpg

17、ルフィ

「劇場版ワンピース なんたらかんたら」この時期バイトはいってなかったからタイトル覚えてないや。チョッパーのやつ。

ルフィ.jpg

これも結構がんばる。服と顔の影がいい感じ。

18、しずかちゃん、スネ夫、ジャイアン

「映画ドラえもんのび太と緑の巨人伝」よりドラえもんのび太をあえて選ばずこの三人。出来はいまいち。

ドラえもん.jpg

ていうかジャイアンは完全に昔の顔に戻ってるよね。

19、草薙水素

「スカイクロラ」より草薙水素。

手書きスイト.jpg

めちゃめちゃ気合を入れて描いた。目の形とか耳が小さいとか色々あるけど、目の光り方が超うまくいって嬉しい。ちょっと千と千尋の白に見える。

ちなみにポスターは

本物スイト.jpg

こんな感じ。

早く「スカイクロラ」見てぇー。


ていうか今年のアツはナツイんですよ。

「インディー・ジョーンズ」「崖の上のポニョ」「スカイクロラ」「クローンウォーズ」


「クローンウォーズ」がやばい!!!スターウォーズのアニメ版映画です。8/23公開。その名の通り、2と3の間のクローン大戦のエピソードです。

スターウォーズは中一から三年おきに映画やってたけど今年も来るとは。さすがルーカス。







Q、「あなたは映画館のアルバイトでなにを得ましたか?」

A、「はい、絵がうまくなりました。」
posted by ヤマ at 00:22| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

大事なことなので三回言いました

今日は朝から恵比寿で某J社の二次面接でした。


横長の机に局長らしい年配の三人が並び、短い辺に人事担当と思われる人が一人。

さすがに雰囲気が違ったけど気さくな人達でよかったです。

最初が

「新浦安なんだ?昨日電車止まって大変だったでしょー、HAHAHAー☆」

って感じで始まったのでちょっと安心しました。


まぁ割とリラックスして話せたんで残りたいなぁ。最終でも半分落ちるんですけどね。



で、終わったのが11時。次は汐留で15時からO社の一次面接。


暇だなぁ、と思いながら駅に行くとスーツ姿で案内持ってうろうろする人を発見。チラ見したところ生協主催の合同説明会のでした。

家で同じの見てたし、行ったことのある場所でやってたのでそこに行く事にしました。



さすがにこの時期説明しているのはちっちゃいところばっかでした。富士通とあいおい損保しか知らなかった。秋採用の案内だったし。


で、「自己PR・志望動機の見直し方」とかいう講演が11:30からと書いてあったので参加することに。



とりあえず当たり前のことを言っていたのであんまり参考になんなかったんですけどね。


一次は第一印象がすべてだから挨拶をしっかりしろよというのと二次は志望動機を自己PRに絡めて言えよと。そんな感じでした。


それより講師の女性(坪田なんとかさん。プロフェッショナル・キャリア・カウンセラーだそうな)の話し方が面白すぎて。


なんというかあややを40歳にしたというかエドはるみからぐぅーを抜いたと言うか。

常に芝居がかってて呼びかけるようなしゃべり方でした。

「面接官は機械じゃないんです!面接官はロボットじゃないんです!面接官は人間なんです!」(〜大事なことなので三回言いました〜)



で、まぁ終わって12:30で腹が減ったなということで結局一社の説明も受けずに会場を後に。


ぶらぶらして見つけたラーメン屋に入る。

流行の魚介系のとんこつでした。あれならつけ麺にするべきだった。



で、店を出たらなにやら横に人だかりが。

なんじゃこらと思って見たらそこには


ドランクドラゴン!スザンヌ!V6(の井之原と森田)!



スザンヌ顔ちっちゃ!足長っ!細っ!塚地が隣にいたから余計か。本物はすごいわ。同じ人間とは思えない。


VVV6だっけ?なんとかミシュランみたいなコーナーだと思われる。


遠くから写真撮ろうとしたら普通に注意されて凹みました。スーツ着てるおにいちゃんだったから誰かのマネージャーかなぁ。


ラーメン屋の隣の隣のたい焼き屋さんの紹介をしてました。カメラが回るのと同時にテンションが上がるのはやっぱりプロだなぁと感心したり。


ちょっとテンションが上がりつつ、新橋へ。

マックで一時間潰し、いざ面接。

待ち時間が一時間近くあったのでずっと窓の外眺めてたんですけど。
目の前にD2のビルがそびえ立っててなんだかなぁって感じでした。


同じ高さのビルなのにかたやビル丸ごと、かたやワンフロア。


売り上げ1位と10位でこの差かよ。


「貴様と私でなにが違うか教えてやろう。格だ。



そんな感じでした。

そりゃD2さんは単体で見れば世界一ですからね。なんじゃあのガラス張りのビルは。地震来たら折れるよね、絶対。


こっちの面接はリアクションがちょっと微妙。出来るだけ簡潔に答えるようにすると突っ込んで欲しいところを突っ込んでくれない罠。難しいねぇ。






・・・




まったく関係ないんだけど、「恋空」がTBSで土曜八時にドラマ化するそうな。



女子高生が××して妊娠して恨まれてレイプされていじめられ流産して男に捨てられて別の男が寄ってきてでもやっぱり忘れられなくて結局最初の彼氏は死んじゃうけど私は今でも空に恋していますっていう話(私は見てません。CMと聞いた話で書いています。間違ってたらすいません。)をどうやって土曜八時に流すんだろうね。まだ裏のめちゃイケの方が健全ですよ。


原作ファンのために映画では描ききれなかった原作の話をやりたいと書いてあったけど(mixiのニュース参照)、読んだ人によると原作はもっとドロドロらしい。最後も彼氏の子をまた身ごもるとかなんとか。



うーむ、スイーツ(笑)。


「スイーツ(笑)」という言葉の意味がようやく理解できました。去年のインターネット流行語大賞2位だったらしい。


1位は「アサヒる」、3位は「ゆとり」だそうな。まぁ2ch基準ですから。わからない人はwikiで検索してください。



まぁ絶対数字は取れないでしょう。しかも素人に毛が生えた子に主役をやらせるらしいし。宮崎あおい先生は絶対断る仕事を最初からやらされるなんて。清純派にはなれないですね。




うむ、オチなし。
posted by ヤマ at 23:10| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月20日

「まだ俺のバトルフェイズは終了してないZE☆」

もう前回の更新から一ヶ月も経つとは…。時間の経過は恐ろしい。


周りから続々とスーツが消える中、むしろ今が一番忙しい僕です、こんばんわ。

なんでだろう、先週、今週と毎日一つ以上面接があるという。うーむ、もうちょっとずらそうぜ、広告の方々。




そんなわけでまだスーツです。




早く麻雀がしたいわ、とりあえず。今はハンゲームの麻雀とニコ動でアニメの遊戯王を見るという誘惑と必死に戦っています。

わっきーがハイクで思い出させるからいけないんだ。




新入生何人くらい入ったんだっけ、結局。ハイク以来顔出してないので正式な人数やらパートがわからんなぁ。四大前までには全員とからんでおきたいところなんだけど。



今日は朝から面接なのに電車が完全ストップでした。まぁ電話したから大丈夫だったんですけど。


結局、浦安駅行のバス停の長蛇の列に風に飛ばされそうになりながら一時間待ったら電車が動き出したという…。家で待ってりゃ良かった。



ほんと早く遊びたいなー。バイトもしてお金を貯めなおさないと。


・・・結局ほとんど広告しか受けてない。

なんつーかやる気が起きないね、他のは。面接もいくつか行ったけど。
そもそも人間性からして違う気がして。
まぁ簡単に言えばこういう人とは働きたくないなぁと感じることが他業界だと多かったかなぁ。

広告の面接は圧迫なんて皆無なので話していて楽しいことが多いです。

某D2の子会社なんか待つ部屋で社員が寄ってきて「素の自分を出してください」と言ってくる。面接中には

「ハーモニカってさ、モニカって言ったりしないの?」

とかあほなことを言ってくる。俺と一緒に受けた人なんか広告について突っ込まれて

「あんまり勉強してないんです」

って正直すぎる答えを言っちゃっても

「熱意は伝わってくるよ」

って答えてもらってたし。



まぁさすがに彼も落ちてるだろうけど…。でもなんか人を見る面接っていうのがどこも伝わってくるから良いです。受かればもっと良いです。

ていうかこのラッシュ終わってどこも受かってなかったらほんとにやばいんだよねー。

就活浪人は色々あれだからなぁ…。できれば選びたくない。

まぁ今をがんばるしかないということで。


誰かいつかチェスと将棋の基本を教えて下さい。オセロはだいぶわかった。
posted by ヤマ at 19:35| 東京 ☁| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月23日

あえて言おう

スピルバーグでも無理だ!



「攻殻機動隊」実写化のお話。

スピルバーグとドリームワークスがその権利を獲得したそうな。アメリカはいまや日本のマンガ・アニメの実写化ラッシュですな。

もうすぐウォシャウスキー兄弟が作った「マッハGOGOGO」の実写「スピードレーサー」が公開だったような。ドラゴンボールも作ってるしね。



しかし、キャストがね…。日本人ぽいやつなんかトグサぐらいだから違和感はないんだろうけどさ。


素子とか誰がなっても文句言われるって。

mixiのニュースにキャスト予想が載っててすごい面白かったけど。

素子はアンジェリーナ・ジョリー。完全に「トゥームレイダー」のイメージか。

トグサはトム・ハンクスだったっけな。トグサはあんなにかっこつけてはいないはず。

課長がイーストウッド、あるいはスピルバーグ本人。これはなかなか。


ガチなのはバトーだな。セガール以外に誰が出来ようか。というか目だけレンジャーのにすれば髪形とか完全にそのままだしね。「GHOST IN THE SHELL」ヴァージョンだと短くしなきゃだけど。




あ、ちなみに知らない人に説明すると「攻殻機動隊」というのは簡単に言えば日本で最高のアニメです。「マトリックス」はあれのパクリあれにインスパイアされたです。観てない人は一週間以内に観た方が良いです。


作った人は押井守。日本アニメの巨匠ですね、もう。



そう!今日バイト先で押井先生の新作「スカイ・クロラ」の予告編を観ちゃったのですよ!!!!やばい。もうずっとニヤニヤしてた。



今回は方向転換して声優が俳優陣で固められているのだけど。

草薙スイトが菊池凛子。「バベル」を観損ねたのでどんな人か良く知らない。

主人公は加瀬亮。いまや売れっ子俳優。


その他栗山千明、谷原章介などだった。



ともかく映像がきれいで、戦闘機の空中戦とかめちゃめちゃかっこよかった。8月2日公開です。絶対観ましょう。

ちなみに原作は森博嗣さんです。ミステリーの人。これは違うけど。





・・・アニメつながり。





先日「ひぐらしのなく頃に」を観たなんていう話をしましたが、すっかりはまってしまいまして。



全部観ちゃった☆



いや、だってあんなに面白いもんだと思わなかったし。


スプラッターホラーみたいな感じかと思ってたらミステリーなんですね。ちゃんとそういう見方をすれば良かったと後悔中。



しかし、素人が同人ゲームで作ったとは思えない完成度だと思う。

ミステリーがすごくしっかりしているというか。

そんなに小説を読んでるわけでもない素人の意見なんですけどね。



伏線がしっかり張られてて。それが最後の方で次々わかったり。後は日常会話に答えが出てきちゃったり。


そもそも構成が秀逸だよなぁ。


問題編1「鬼隠し編」→解答編5「罪滅し編」
   2「綿流し編」→   6「目明し編」
   3「祟殺し編」→   7「皆殺し編」


というそれぞれ同じ時間軸(昭和58年6月)、同じ場所、同じ登場人物なんだけどその時起こる事件が違うというパラレルワールド。


それに前日談・後日談の4「暇潰し編」とすべての解答が明かされる8「祭囃し編」の八部構成。(アニメは放送回数の関係か、「厄醒し編」が追加されてる)


問題編三つ+「暇潰し編」の順番に見て、その後解答編を観るという形式。


おかげで予備知識がないと「鬼隠し編」で死んだ人が次の「綿流し編」で普通に出てくるからびっくりする。



このパラレルワールドという形式は今までになかったと思う。
例えば「鬼隠し編」の伏線の答えは「罪滅し編」だけでなくすべてのところに散りばめられてたりして。



問題編を観ただけじゃまったく訳わからないけど、「目明し編」「罪滅し編」辺りから段々わかってくる。「皆殺し編」「祭囃し編」は羽入の登場もあってちょっと急展開な気がしないでもないけど、元々そういう話だから普通についていけたし。



俺がサスペンス映画が好きなのは謎に騙されててそれが明かされたときの快感が楽しいからなんだよね。


だから「SAW」とか「プレステージ」とか「ファイトクラブ」とかが好きなわけなんだけど。


「ひぐらしのなく頃に」もアニメとは思えない完成度の謎にとても楽しませていただきました。


五月に実写化公開です。絶対つまらないのは間違いないんだけど観に行こうかなぁ…。


予告編を見る限りでは「鬼隠し編」だけだと思われる。まぁ端折ったアニメでも4話分なんだからそれが限界なんですけど。

続編が出せる程稼げないのは目に見えているのにどう収拾をつけるのか。それだけが気になる。「デスノート」の実写の時と同じだな。







・・・自分は面白ければいいやと思ってるからあんまり抵抗ないんだけど、「ひぐらし」は同人ゲーム発だし、主人公以外のメインが女の子4人だからか敬遠されがちなのかなぁとも思う。


ハチクロとかのだめとかも少女マンガだけど面白ければいいんじゃないかなぁ。あずまんがとか。


オタクとマニアって単語はつくづく難しいと思う。まぁ呼ばれていい気はしないんだよねぇ。ただ、はまると知り尽くすまで熱中し続ける性格なので否定できないんですけど。

だから自分で線引きをして、美少女ゲームを買ったり、フィギュアを買ったり、キャラ別のCDを買ったり、ってことをしなければOK、ってことにしてます。人としてこの線は越えちゃいけないと思ってる。越えようと思ったことは今のところないので大丈夫なんですけど。




まぁただ内容はそんなかわいいもんじゃないですけどね、ひぐらしは。キャラがかわいく作ってあるというだけで。皆裏があるし。パラレルワールドごとに5人は死んでるような。



特に怖かったのは「鬼隠し編」。最初に見たからかもしれないけどレナの変貌振りは怖すぎる。
ぐろかったのは「目明し編」。これは痛いシーンだめな人はかなりきついと思う。




ただ、最初に興味を持ったきっかけである「人を殺す若者が持ってるから問題だ」っていうところに関しては非常にすっきりしてよかった。


観てない政治家があほなことを言っているだけなんだなぁと。

確かに残酷な描写は多いんだけど。


なぜ残酷な事件に至ってしまったか。それは仲間を信じなかったからだ。仲間を信じて話してみんなで協力すれば運命は変えられる、奇跡は起こせる。


なんていうジャンプも真っ青なくらいの臭い台詞のオンパレードなんです、特に後半は。

あからさま過ぎて、連呼しすぎて、途中で飽きるくらいこういった類の台詞を言います。

これ観て理解できなかったやつはそりゃそいつに問題があるんだよ。何でもマンガ・アニメのせいにするんじゃありません。

ホントに単純。「仲間(人)を信じろ」

言いたいことはこれだけです。現代社会を風刺しているという点でも素晴しいと思うけど。


アニメをちゃんと見たのなんて何年ぶりだろう。俺がちゃんと観た記憶のあるアニメってドラゴンボールくらいな希ガス。後はGガンダムとかウイングの途中までとか…。幽白とかかなぁ。高校の時にチラッとハガレンを観てたけど。結局中途半端で終わったな。




暇な人にはお勧めです。you tubeならアニメの一期(鬼隠し、綿流し、祟殺し、暇潰し、罪滅し、目明し)は観られます。二期は探しても見つからなかったので、お金かけたくなくて手段を持たない人はうpを待つのがよろしいかと。ちなみに私はお金をかけてません。
ニコ動は著作権厳しいからアニメとかあんまりないんよねぇ。








野村證券でインサイダー取引とは。株扱ってる人間がやっちゃいかんでしょ、さすがに。NHKもあれだけど。どんだけ信用落ちるんですかね。Jパワーのに続き日本から外資がまた遠のくのか。


最後だけ真面目ぶってみたり。まぁやったのが中国人ていうのがなんとも言えない感じですけどね。僕は嫌いなんで偏見が入らずにはいられない。


もう内定とか出てるんだろうねぇ。会社から説明とかあったりするのかな、懇談会とかで。スルーするのも変だけど、新卒に釈明するのも変な話だ。


読みにくいし長いわ。ごめんなさい。最後まで読んでくれた人ありがとう。
posted by ヤマ at 01:03| 東京 ☀| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。