2007年09月11日

「ヱヴァンゲリヲン 新劇場版:序」 5/5点

「EVANGELION:1.0 You are (not) alone」



「笑えばいいと思うよ」






やっべぇ。ノリでバイト後に見ちゃいました。


超面白い。すっごい。びっくりした。




もう12年経つらしいですが。最初にアニメやってから。


画が超きれい。CGとの組み合わせがすごい。



そしてやっぱり注目すべきは微妙に違うストーリー。
知らない人でも全然見れるけどたぶん前のを見てた人の半分くらいしか楽しめないと思う。前のエヴァ見てた人は絶対見るべき。



声優さんがすごいとひそかに思った。シンジくんとか前とまったく同じ感じ。綾波がちょっと違うような…?委員長は別人?一言しかしゃべらなかったけど。




ラミエル(△のやつ)が超かっこよかった。あれだけでも満足。あれがCGの力か。あの動きは感動。










こっからすごいネタバレ。見る気のある人は見てから読むように。





微妙に違う点を挙げていこうかな。


・海が最初から赤い。

・最初に使徒(サキエルだっけ?)が第四の使徒。

・ミサトさんが最初からセントラルドグマに入る上、アダムではなくリリスと知っている。

・使徒は14か15体?6番目との戦闘中に後8体倒さなければならないと言っていた。

・カヲルがなぜか月面に並んでる棺から目覚める。

・次回予告でエヴァ6号機がパイロットと共に月面から舞い降りるといっている。たぶんカヲル。

・予告で新キャラ(黒髪のメガネの女の子)が出る。あんまり14歳に見えなかったけど。たぶん5号機パイロット。




そしてわかったことは新劇場版は前回の続きであるということ。庵野氏もエヴァは繰り返しの物語と言っている。

海が赤いことや、カヲルが目が覚めたときに「また三番目かい、碇シンジ君」と言っていることから輪廻というか、同じようなことが未来(あるいは旧劇場版で終わった人間の歴史の次の歴史)で起こっているものと考えられる。


マトリックスでも、NEOはコンピューター上に現れるイレギュラーで確かマトリックスの時のNEOは6番目だった。それまでに五人同じようなことを繰り返していた。それと似たような原理だと思われる。




気になるのは最初の三つの使徒はなんなのかということ。アダム、リリス・・・、後誰?シンジ君とかが一番ありそう。そういうのをこれからどうこじつけていくか。先が気になってしょうがない。

後はなんでカヲル君が月にいるのかとかね。確かファーストインパクトの時に出来たのが月だから、アダムのカケラみたいのが月にあってそっから延々と量産されてるとかだと面白いかも。棺はたくさん並んでたし。しかしゼーレは月のカヲル君ともしゃべってたけど。おじさん達すごいね。





以下追加。(バイト中に最後のカヲルが出てくるところと次回予告を覗いた。)



・カヲルはたくさん並んだ棺から出てくるが、出てきた棺の左側の棺はすべて開いていて右側はすべて閉まっている。
このことからも何度か繰り返された運命であることがわかる。

・カヲルが起きた棺の目の前には旧アニメ版のリリスっぽいのが横たわっている。今回のリリスは仮面がサキエルっぽいやつ。横たわってるのは前のと同じゼーレのマークの。

・次回予告で、一瞬「ADAMS」と「LILIN+?」という文字が出てくる。なぜか複数形のアダム。これも繰り返しだから何体もいるという解釈…?リリンは人、それに何かを足すと何か起こるらしい。
posted by ヤマ at 00:53| 東京 ☁| Comment(3) | TrackBack(0) | 映画(ネタバレあるかも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
みにいきてー!
なーんで先輩を誘わないカナっ!
Posted by Teddy at 2007年09月11日 20:34
行くならもう一回行ってもいいですよ。ベースパートも見たがりそうだし。
Posted by やま at 2007年09月14日 23:24
みーたーいー!
みんなで行こうよー。
ギター1年も見たがりそうだし。
Posted by きう at 2007年09月15日 00:47
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。