2006年05月22日

結婚とは人生の墓場である

ってさんまさんが言ってたような気がしないでもない。


私はいまんところそんなこと思ってないですけど(経験したことないんだから当たり前か)、まぁいくら好きな人とはいえ私生活を共有するとなるとそれなりに妥協なり何なりが必要なのでしょう。


あ、やべ、愛の定理を思い出しちゃった。


「本当に自分と合う相手って言うのは日本に一人いるかいないかだと思うよ。だから自分から相手に合わせる行為をすべきでそれを愛と呼ぶんだと思うよ。」(byしゃりを)


これを(当時高校二年だったかな)言い放ったしゃりをさんは今でも尊敬するよ。元気してるかな。



最近バトンばかりやってる気がするのは更新数に対して回ってくるバトンが多いんだよねぇ。はい、更新がんばらなきゃ。



さてそれじゃ結婚バトン行ってみよう。





Q1.結婚したいですか?


いつかは。うん、一回もしないのはちっと寂しい。というか一人で生きていけるかどうか(軟弱)


Q2.何歳で結婚したいですか?


三十前半とかかなぁ。全然考えたことないけどお金がある程度貯まってないと満足の行く生活を送らせてあげられないからねぇ。



Q3.今、プロポーズされたらOKする人がいる。


学生の間に結婚する気はないですよ。まぁ授業料半額らしいけど。


Q4.プロポーズしたい?されたい?


男としてはプロポーズぐらいはしないといけないんだろうなぁと思いつつ。


Q5.どんなシチュエーションでしたい?されたい?


まぁ人目のあるところではしないですね、はい、チキンですから。


Q6.何歳で子どもがほしい?


まぁ結婚して数年ってところですかね、普通は。だからそんなもんで。


Q7.自分の子どもに自分の名前又は相手の名前を一文字付けたい?


翔かぁ…。うん、別につけなくて良いよ。無理して一文字入れる必要はないんでない。



Q8.貴方の考える子どもの名前を教えてください。


騎士とかいてナイトと読む。そんな子供がかわいそう。朔夜って昔キレイな言葉だなぁと思ってそれ以来考えたことない。けど朔夜ってなんか仰々しい感じ。


Q9.どんな子どもに育ってほしいですか?


まともな子。まぁ別に頭良くて良い会社に入って欲しいとか思わないので本人が楽しく人生を送れれば良いんじゃない。人生は自分のものだし。ただすねをかじられ続けるのはちょっと。独り立ちはさっさとして欲しいかな、男なら。


Q10.自分の子どもと何をしたいですか?


まぁ遊んであげるさ。こう見えて運動結構好きなので。


Q11.目を閉じて、将来の家庭を妄想してください。


とりあえず会話があれば良いと思う。うん、俺が言うのもなんだけど。娘にお父さん臭いとか言われるような家庭はやだなぁ。


Q12.もし、子どもが軽犯罪を犯してしまったら?


頭ごなしにしかるとかいうだめな父親っぷりを発揮して子供が見事にぐれるなんていう嫌な妄想をしてしまった。うん、そんなことしないと信じてる。


Q13.もし、子どもが重犯罪を犯してしまったら?


どうしようかねぇ。たぶん鬱になると思います。



Q14.もし、子どもがチャライ人と付き合ってたら?


俺に似るなら絶対ないけど。うん、きっと認めないと思う。


Q15.もし、子どもがピアスを開けたいと言ってきたら?


別に良いんじゃない。自分でどうしようと勝手です。今どきピアスぐらいは珍しくないし。


Q16.もし、子どもがタトゥーを入れたいと言ってきたら?


本物ってめっちゃ痛いんでしょ?うん、まぁタトゥーはきっとよく思わないでしょう。


Q17.もし、子どもがイジメにあっていたら?


どうしようかなぁ。その辺はうまく回避して欲しいもんですが、俺の子供なら(?)。まぁ両親はいつでも子供の味方ですよ。


Q18.もし、子どもが18才の時に結婚したいって言ってきたら?


好きにすれば良いけど援助は期待するなとかかっこ良さげなことを言う。
娘は許すまじ。


Q19.将来の子どもに一言どうぞ。


長生きして俺の後に死んでくれ。


Q20.将来、幸せな家庭を築きそうな人、5人に回してください。



アンカー。アンカーってどういう意味?アンクにer?また英語のだめっぷりを発揮。



うん、すでに頭の固い親父になりそうな気がしてやだなぁ。それなりに幸せで相手と一緒に墓に入れればそれで良いのだけど。
posted by ヤマ at 18:00| 東京 🌁| Comment(6) | TrackBack(0) | バトン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふむ。みんな意外とオカタイのね。私、自分のことをかなりオールドタイプな人間かと思ってたけど、手羽先クンのを見る限りそうでもない気がしてきたよ。


結婚が人生の墓場かどうかは知らないけれど。
レンアイなんて、いつだって妥協の産物であると私は思う。ハト派もタカ派もやりすぎると上手くいかないように、依存や願望が行き過ぎるのも醜悪ではないでしょうか。
Posted by Teddy at 2006年05月22日 18:23
>「本当に自分と合う相手って言うのは日本に一人いるかいないかだと思うよ。だから自分から相手に合わせる行為をすべきでそれを愛と呼ぶんだと思うよ。」(byしゃりを)

うわぁ、こりゃ名言だわ。

結婚は墓場じゃないよー、人生の新たなスタートラインだと思うけど。墓場なんて思われるくらいなら結婚はこっちから願い下げじゃー!!
Posted by こねこ at 2006年05月22日 21:25
え、授業料半額になるの!?
明日結婚するわ。
Posted by hiokichi at 2006年05月22日 23:36
お父さんうざい
Posted by pan at 2006年05月23日 01:57
>Teddyさん

いや、私はかなりオールドですよ。

まぁそうですね、あんまりそうは思いたくないですけど。

>きてぃさん

デスよねぇ。これはほんと一時期学年中で大ヒットしましたから。

こねこさんならきっと良い結婚が出来ますよ。

>ひおきち

おう、相手がいるなら偽装でも何でも良いからしとけ。×が一個増えるだけさ。

>pan

お父さんがかわいそうだよぅ;
Posted by やま at 2006年05月23日 04:18
え、1回目の結婚ってゲネプロでしょ?
Posted by hiokichi at 2006年05月23日 09:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/18213430

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。