2010年05月03日

事故文責

私の性分は二言で表すことができます。

1・めんどくさがり
2・忘れっぽい

この二つに集約されると言っても過言ではないでしょう。


この日記のネタも昨日風呂に入りながら「あ、こんなん書こ」って思ったのですが、夜遅いから今からパソコンやるのもめんどいなと思って今書いてるのに、何考えてたっけと半分くらい忘れてます。


どれくらいめんどくさがりで忘れっぽいかと言えば、私は23年生きてるらしいですが、今でも兄二人の誕生日を知りません。正確には、覚えてない、です。というかたぶん覚える気がないんでしょう。
昨日母親に「ケーキあるよ」と言われ「はて、なんのお祝いだろう。まさか内定もらったことも忘れていたのか!?ならば今のこの苦しみはなんなのだ!?」と一瞬思った後「んなわけないや。そう言えば一番上の誕生日はこの辺か」と思うわけです。

ちなみにサークル同期の4人の方が誕生日覚えてたりします。単純に考えてそっちのが私の中では重要なんでしょう。



さて昨日、お風呂で目をつむりながらシャンプーを流していた時に気づいたことを誤解を恐れずに言えば
「どうやら私は頭の良い人が好きらしい」ということです。



この場合、頭の良い人≒変な人です。



私は自分が凡人であるという圧倒的な自覚があります。それは主に発想・考え方についてです。

「なんにも面白いことが思いつかない。なんにも面白いことを話せない」といういらない自信があるのです。そんなこと言ったら犬童さんに「妙に大人ぶってる」だか「あきらめが早い」とかなんとか言われましたけど。



そんな考え方だからこそプロデューサーという立ち位置に「逃げて」いるわけですが、その分面白い発想をする他人に惹かれる。魅かれる。引かれる。痺れる。憧れるぅ!

それは頭が良い人でも良いし変な人でも良いのです。
ただ「その発想はなかった」と思える考え方をしている人がどうやら好きなのです。


中学・高校時代はもはや「人生で最も楽しかった時期」というあいまいな記憶しか残っていないくらいですが、大学時代も現在の大学院時代もどうやらそういうことのようです。

特に大学で授業のクラスよりサークル(特に同期)とつるみたがっていたのはどうやらそういうことのようです。

特に今まで女性との関わりがなかったせいか妙に面白かったのかな、と回想してみたりします。本当かどうかは知りませんけど。
同期はみんなそれぞれキャラが立っているというかかぶっているところがまったくない五人五色・五者五様だったので面白かったです。


まぁ現実な世界でキャラがかぶってるなんてことはまずないわけで、十人いれば十色なのだろうし二十人でも十九色くらいにはなるんでしょうけど。


例えばaikoが好きなのは、その日常のとらえ方が私の視点にはまったくない角度からだから、なのです。

「知らない間にあなたにもらったもの 何度も手を洗う癖 空見上げること」
「あたしに嘘をついてまで笑ってるあなたは 失くしたくないものがここにあるんでしょう ねぇ なぜしっかり捕まえとかないの?」
「桜色の花火 朱色のコート」

などなど。


まぁ頭の良い人が好きっていうのはなんとなく認識はしていたような気がするのですが、はっきりと自覚したのが昨日のシャンプー中だったのです。

で、そんなことを思ったら「あぁ久しぶりに高校やらサークルの友達に会いたいなぁ。もっと一対一で話してみたいなぁ」とか柄にもなく思ったりしました。


結局めんどくさがりなので自分からアポとかたぶんとらないんですけど。結局あったところで私はなんにも面白い話とかできないんですけど。



凡人であることを自覚している割にプライドが無駄に高いめんどくさい私です。一番厄介なのは自覚していながら直そうとしないその曲がった性格かも知れない…。


ただ最近はいい加減その腐ったプライドも捨ててしまおうかとようやく思い始めてまだ動き出せずにいます。
まぁリミットはもう目の前、アウトギリギリというかギリギリアウトだと思うので、ヤマザキをどげんかせんといかんのです。






ここまで読んだ方も読んでいない方もお時間があったら私を誘ってくれると泣いて喜びます。心の中で。カラオケ以外で。わがままです。





そう言えば我がないってのも特徴ですね。今ハマっている面白い人のまねをするのが好きです。だから今日はこんな戯言でした。

明日になればこんなことを思いついた時に想いを忘れてなんでこんなこと書いてるんだと消したくなるんじゃないかと思ってます。
posted by ヤマ at 15:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、なんかまあじゃんすんだっけ?
Posted by りんきんこうえん at 2010年05月03日 18:02
そりゃ頭の悪い人間を好む理由はないでしょうよ。バカはかわいいかもしれないけど。

早々いるものではありません。世の中の大半はハシにも棒にもかからなかった謎大学卒の人間です。
勉強が出来てもダメな奴はダメですが、勉強すら出来ない奴がたいした奴になるには、エジソン並の努力が必要です。レア過ぎるそんなの。

まぁ、僕の分析はもはや無い物ねだりなので、意味がないのだけど。そういう人に憧れるトコは同意だぜ。
Posted by Teddy at 2010年05月03日 19:10
オレは変な人じゃないです。
Posted by TKO at 2010年05月04日 00:31
なんだか何人かの方が勘違いをされたみたいですが内定はいただいておりません。うははー…はは…。


>もやし
もやしとはまた今度ね。

>てでさん
意外と勉強ができないというサンプルが周囲に少ないこともあり、勉強ができない大した奴ってのはお目にかかったことがありません。でも面白ければそれもまたアリだと思います。

>TKOさん

安藤研に変じゃない人なんて存在しないので安心して下さい。まぁ、その中でもある程度の順位はつけられると思いますけどね。TKOさんはもちろん、あれです。あれ。
Posted by yama at 2010年05月04日 23:02
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。