2008年12月31日

『K-20 怪人二十面相・伝』(2008年、佐藤嗣麻子) 4.5/5点

監督・脚本:佐藤嗣麻子
音楽:佐藤直紀
エグゼクティブプロデューサー:阿部秀司、奥田誠治
企画・制作プロダクション:ROBOT
原作 北村想・作 「怪人二十面相・伝」
原案 江戸川乱歩・作 「怪人二十面相」
キャスト
遠藤平吉:金城武
羽柴葉子:松たか子
明智小五郎:仲村トオル
源治:国村隼
源治の妻:高島礼子
本郷奏多
今井悠貴
益岡徹
鹿賀丈史
要潤
嶋田久作







武を観るとか良いながら怪人20面相を観た。


バイト終りのちょうど良い時間にやってたもんで。



やべぇ。期待してなかったらすげぇ面白かった。

ベタなんだけど面白い。非常に良く出来てます。



キャストが良い。松たか子が合い過ぎ。ていうか天然の令嬢とかそのまんまだしね。
仲村トオルも素敵です。
金城武はなんか演技が下手に見えたのは奥菜恵と同じなのか…?
しかし、それを周りで名優達がフォローしてる。



ストーリーも良かった。最後のどんでん返しも気持ち良いです。ベタっちゃベタなんだけど、あの程度がちょうど良いかも。

ラストの方でスターウォーズがもろ出てきたのがウケた。あの台詞は間違いない。ep.5と2で出てくるあれだもん。


オープニングのアニメが良かった。おしゃれです。
アクションも普通とは一味違うのを狙ってて新鮮だった。
エンディングの曲もかっこよかった。と思ったらオアシスだった。



唯一気になったのはCGかな。日本のCGのレベルがもう少し上がってくれればもう言うことないのだけど。『252』なんか予告編がすでにしょぼいもん。テレビ用だから画質は本物より劣るんだけどさ。



ともかく観てて気持ち良い映画です。笑いどころもたくさんあるし、子供でも楽しめるくらい単純でわかりやすい。とにかく楽しい。


デートにおススメ。泣きたい人は『WALL・E』(まだ観てない)へ。


『地球が静止する日』も観たいんだけどねぇ。キアヌだから。
posted by ヤマ at 00:10| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画(ネタバレあるかも) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。