2008年11月22日

強力わかもと

お久しぶりです。


お久しぶりなのにこんな記事でいいんだろうかと若干後悔しております。



現在、卒論と院試と卒演練の真っ最中です。
いや、院試は今日書類の結果がわかるはずなんだけど郵送が届かない。当日発送みたいなこと書いてあるから明日には来るのか…?


とまぁ、クソ忙しいがゆえに現実逃避したくなるわけで今回は「コードギアス」だったというわけです。

休憩と称し「ひぐらしのなく頃に」を観ていたのは就活時でしたが、今回は巷で人気らしい「コードギアス」に手を出してしまったというわけです。



休憩と称し全部観てしまった…orz







うーん、なにから話していいのやら。

とりあえず面白かったです。

観始めた時は「これ、なんてデスノート?」って感じで二期の途中は「これ、なんてエヴァンゲリオン?」って感じでしたけど。



なんか売れるべくして売れたアニメって感じかな。

ロボット物は王道だし、流行のダークヒーローに宗教的な要素を混ぜて、しかもイケメンぞろい。



これって最初から二期に分けて作ってるのかな。それとも一期の途中で人気でたからストーリー変えたのかな。

V.V.って一のどの辺で出たっけ?あまりに放置されたまま終わっちゃうのはどうかと思ったけど。


まぁなんか両方とも最初の10〜15話くらいは若干退屈で、後半は面白かった。




デスノートとどうしても比べちゃうけど。
デスノートが駆け引きをメインにしてたのと違ってこっちは葛藤がメインだったからね。

その辺が子供っぽいっちゃ子供っぽいんだけど、たまにはこんなのも良いかと。



ストーリー的には二期が宗教系の話題が出てたので好きでした。
アーカーシャーはアカシック・レコード(FF9で言うクリスタルの記憶)、ラグナレクは北欧神話ですね。なんでFFだと剣になっているんだろう。


ちゃんとラウンドオブワンはエクスカリバー持ってるしね。


適度に話を複雑にしてるけど、エヴァンゲリオンほど意味不明でなくわかりやすくなっているところも、万人受けしたのだろうか。




しかし、オタクを狙ってるとしか思えないキャラたちはなんなんだろう。皆さん適度に人格が崩壊しているし…。


ルルとナナリーはまだしも、ルルと朱雀はあれだし、ルルとロロもあれだし、ニーナとユフィは完全にあれだし。

全オタク向け仕様ですか。そうですか。





アーニャにはしてやられたと思ったんですけどね。
アーニャってずっとマーニャだと思ってて、そうか、マーニャってマリアンヌの愛称だったのかって思ったらただの召使だった…。




ニーナの壊れ具合に引いたのは俺だけだったのかな。あのキャラは無しだと思う…。

大量破壊兵器のフレイヤも北欧神話の神かな。フレイだったらヴァルキリープロファイル的に「エーテルストライク」だったんだけどな。

最後にフレイヤを破壊するのが槍だったのはグングニルのイメージか。



調べればキャラ、ナイトメア、船とかの名前は神話だらけっぽいけど、調べる時間もやる気もないので誰かに譲ります。




結局最後には死んですべて解決っていうのは、なんか日本的だと思ったけどね。
ハッピーエンドみたいだけど、ルルーシュはどんだけ人殺しているんだっていう。



まぁ死んだかも少し疑問なんだが。
最期にナナリーが触れたときに記憶が見えた。けどこれはC.C.の力で、ルルーシュにはなかったはず。両目でギアスが使えるようになったからそういう力がついたように説明できなくもないけど。

けど、C.C.が不老不死を移しているっていうのが本当のハッピーエンドだと思うし。これで契約を果たせるわけで。あぁ、でも望みは本当に愛されることだからそういう意味では果たされたのか。

まぁナナリーが勘違いしたままっていうのはあんまりだからっていうのが普通だと思うけど。

最後の馬車のシーン、馬引いてる人の顔が見えない。
「ギアスの力は人を孤独にする。少しだけ違っていたか。なぁ、ルルーシュ」というC.C.の言葉も普通に聞くと通りすぎるけど若干気になる。


まぁ狙って作ってあるんでしょうけど。




しかし、お金かけたアニメは声優が気になってしょうがない。

若本はもはや若本にしか聞こえないし(それにしてもノリ過ぎだと思うけど)、ジノはK1だし、カグヤは沙都子だし、シンクーは流川・ジューダスだし。








ジェレミアとディートハルトが好きでした。
posted by ヤマ at 00:35| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
日本人は虐殺です!の辺りが面白すぎた。アニメ的に。

二期は途中で飽きちゃったけど、緑川先生が良かったです。
Posted by Teddy at 2008年11月22日 16:02
あれはすごかったですよねぇ。あの辺から一期を終わらせる気はないんではないかと思った。

緑川先生にはもっと活躍して欲しかったです。
Posted by やま at 2008年11月25日 23:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。