2010年05月26日

さつきとメイ

ってすごい名前だよね。
メイって。あれ、戦後すぐくらいの設定じゃなかったっけ?うろ覚えすぎるけど。



おとといamazonから謎の荷物が届きました。DVD-Rは注文したけど三日前に届いてたし。まったく記憶がない。
しかも、薄い。段ボールの箱じゃなくて二枚をのりでくっつけた感じ。


何かと思って開けたらヱヴァ:破でした。


あぁ、そう言えば発売日だったのか、みたいな感じでした。
ファンはきっとwktkしながら待ってたのでしょうが、私は予約したことすら忘れかけてた…。


何カ月か前にたまたまamazonで見かけて、「そうだ!PS3を買ったことだしブルーレイを見なきゃもったいない!ヱヴァを記念すべきブルーレイ第一号にしよう!」と考えた次第でございました。




ブルーレイすげぇ。超キレイ。著作権に関する文字すらキレイに見えるもん。

劇場では一回しか観てないのでどこが劇場版と違うのかまったくわかりませんでした。誰か教えて下さい。


結局やっぱり意味はわからんよね。わからせる気もないんだろうけどさ。

アスカがネタキャラになりすぎてる気がする…。バカって何回言うの、あんた。10回くらい言ったよ。

なんというか昔のはアスカがヒロインで、今回はレイがヒロインのようですね。

序も劇場で一回観ただけだからブルーレイ買おうかなぁ。


今更だけどスタッフと声優豪華すぎるよね。昔と変わってないはずだから庵野さんの元にはすごい人達が集まってたってことなんだろうけど。やっぱり宮崎駿・押井守・今敏とかすごい人にはすごい人が集まるのか。
『ぼくらの』の鬼頭 莫宏の名前もありました。wiki曰く第三使徒のデザインをしてるそうです。


初回の特典で生フィルム(生ってなに?)がついていました。最初にマリが倒す第三使徒が地表に出るときに光の輪っかみたいなのを出すシーンのようですが、周り暗すぎて輪っかだけ光っててほとんどなにかわからない。

アスカが良いとかマリじゃなきゃやだとか言わないけどもうちょっとわかりやすいのが良かったなぁ。なんにしたって二度と日の目を見ない気がするけど。いや、ヒロインだったら売るか。



フィルムって一秒で24コマでそれが二時間だと24×60×120の1728000?コマあってそれがひとつのブルーレイに6コマ入ってるとすると28800セット作れるわけだ。ヱヴァは100館くらい公開しているはずだから全部回収すれば2880000セット…。いや、まぁどうせ全部切り刻んだりしないですけどね。
しかし予約と初日で12万セットも売れるんだからぼろい商売だよなぁ。いや、コンテンツが良いんですけどね。







この一カ月は私にしてはものすごい読書してました。ほとんど西尾維新。

『クビシメロマンチスト』
『クビツリハイスクール』
『サイコロジカル』上下
『ヒトクイマジカル』
『ネコソギラジカル』上中下
『零崎人識の人間関係』×4
『零崎双識の人間試験』
『零崎軋識の人間ノック』
『零崎曲識の人間人間』
『トリプルプレイ助悪郎』
『偽物語』上下
『ニンギョウがニンギョウ』
『1Q84』BOOK1・2


30日で21冊は私の中では新記録だろうなぁ。西尾維新はだいたい読みつくした(『刀語』は読む気がしない)。『クビキリサイクル』だけなぜか見当たらず…。

『1Q84』は今更ながら期待しないで読んだら意外と面白かった。村上春樹にしてはわかりやすかったからかも知れない。BOOK3が読みたい気もするけど兄貴が買わない限り読まないだろう。


ミステリーならたいがいあるのでおススメの作家がいたら教えて下さい。次は伊坂幸太郎にしようか恩田陸にしようか東野圭吾にしようか。
posted by ヤマ at 23:56| 東京 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月03日

事故文責

私の性分は二言で表すことができます。

1・めんどくさがり
2・忘れっぽい

この二つに集約されると言っても過言ではないでしょう。


この日記のネタも昨日風呂に入りながら「あ、こんなん書こ」って思ったのですが、夜遅いから今からパソコンやるのもめんどいなと思って今書いてるのに、何考えてたっけと半分くらい忘れてます。


どれくらいめんどくさがりで忘れっぽいかと言えば、私は23年生きてるらしいですが、今でも兄二人の誕生日を知りません。正確には、覚えてない、です。というかたぶん覚える気がないんでしょう。
昨日母親に「ケーキあるよ」と言われ「はて、なんのお祝いだろう。まさか内定もらったことも忘れていたのか!?ならば今のこの苦しみはなんなのだ!?」と一瞬思った後「んなわけないや。そう言えば一番上の誕生日はこの辺か」と思うわけです。

ちなみにサークル同期の4人の方が誕生日覚えてたりします。単純に考えてそっちのが私の中では重要なんでしょう。



さて昨日、お風呂で目をつむりながらシャンプーを流していた時に気づいたことを誤解を恐れずに言えば
「どうやら私は頭の良い人が好きらしい」ということです。



この場合、頭の良い人≒変な人です。



私は自分が凡人であるという圧倒的な自覚があります。それは主に発想・考え方についてです。

「なんにも面白いことが思いつかない。なんにも面白いことを話せない」といういらない自信があるのです。そんなこと言ったら犬童さんに「妙に大人ぶってる」だか「あきらめが早い」とかなんとか言われましたけど。



そんな考え方だからこそプロデューサーという立ち位置に「逃げて」いるわけですが、その分面白い発想をする他人に惹かれる。魅かれる。引かれる。痺れる。憧れるぅ!

それは頭が良い人でも良いし変な人でも良いのです。
ただ「その発想はなかった」と思える考え方をしている人がどうやら好きなのです。


中学・高校時代はもはや「人生で最も楽しかった時期」というあいまいな記憶しか残っていないくらいですが、大学時代も現在の大学院時代もどうやらそういうことのようです。

特に大学で授業のクラスよりサークル(特に同期)とつるみたがっていたのはどうやらそういうことのようです。

特に今まで女性との関わりがなかったせいか妙に面白かったのかな、と回想してみたりします。本当かどうかは知りませんけど。
同期はみんなそれぞれキャラが立っているというかかぶっているところがまったくない五人五色・五者五様だったので面白かったです。


まぁ現実な世界でキャラがかぶってるなんてことはまずないわけで、十人いれば十色なのだろうし二十人でも十九色くらいにはなるんでしょうけど。


例えばaikoが好きなのは、その日常のとらえ方が私の視点にはまったくない角度からだから、なのです。

「知らない間にあなたにもらったもの 何度も手を洗う癖 空見上げること」
「あたしに嘘をついてまで笑ってるあなたは 失くしたくないものがここにあるんでしょう ねぇ なぜしっかり捕まえとかないの?」
「桜色の花火 朱色のコート」

などなど。


まぁ頭の良い人が好きっていうのはなんとなく認識はしていたような気がするのですが、はっきりと自覚したのが昨日のシャンプー中だったのです。

で、そんなことを思ったら「あぁ久しぶりに高校やらサークルの友達に会いたいなぁ。もっと一対一で話してみたいなぁ」とか柄にもなく思ったりしました。


結局めんどくさがりなので自分からアポとかたぶんとらないんですけど。結局あったところで私はなんにも面白い話とかできないんですけど。



凡人であることを自覚している割にプライドが無駄に高いめんどくさい私です。一番厄介なのは自覚していながら直そうとしないその曲がった性格かも知れない…。


ただ最近はいい加減その腐ったプライドも捨ててしまおうかとようやく思い始めてまだ動き出せずにいます。
まぁリミットはもう目の前、アウトギリギリというかギリギリアウトだと思うので、ヤマザキをどげんかせんといかんのです。






ここまで読んだ方も読んでいない方もお時間があったら私を誘ってくれると泣いて喜びます。心の中で。カラオケ以外で。わがままです。





そう言えば我がないってのも特徴ですね。今ハマっている面白い人のまねをするのが好きです。だから今日はこんな戯言でした。

明日になればこんなことを思いついた時に想いを忘れてなんでこんなこと書いてるんだと消したくなるんじゃないかと思ってます。
posted by ヤマ at 15:27| 東京 ☀| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。