2009年06月30日

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

EVANGELION:2.0
YOU CAN (NOT) ADVANCE.



超絶ネタバレあり。観てない人は絶対に観ないで下さい。
















いやー、最高です。2年待ったかいがありました。相変わらずやってくれます。
以下思ったことをつらつらと。


・パンフレットネタバレし過ぎやろ。表紙からしてアウトだよ。いきなり槍刺さってるんだもん。

・第三の使徒は、初登場のはずですが、あっさりした使われ方でしたね。マリのための捨て駒。まぁ謎が一つ減ってよかったのかもしれない。

・庵野さんは10年の間になにかあったんでしょうか。旧作は世紀末だから暗いのを反映して暗くなってたのか。今回明るすぎる気がします。マリも含めて。今までいなかったキャラという試みは非常に成功していると思います。
ただ、それにも増してシンジ、レイ、アスカのキャラの変わりようがすごい。レイはもはや人間みたいになってたし、シンジはほとんどウジウジしない。尺の関係もあったかも知れないけど。なによりもアスカ。もはや別人のような感じ。死亡フラグを自ら立てまくって3号機に乗っかり散る。予告で眼帯つけてたけど、旧で量産型にやられるときって目貫かれてたっけ?


・使徒がやっぱりかっこいい。今回は前回以上にCG全開でしたが、アニメということもあってか全然違和感はないです。

・ビーストモードの噛ませ犬っぷりが哀しい。ていうかマリはなにもんなのかまったく説明されなかったけどする気ないのかな。

・おそらく一番の問題は、使徒を食わずに神になっちゃったこと。シンジ君の意思だけでそんなんなっちゃったからこそ、前向きすぎる印象があったんだと思う。旧作であれば、人の究極型であるエヴァがS2機関(永遠の命)を持つ使徒を食って融合し、そこに綾波がくっついてロンギヌスで貫かれることによって神になったはず。なのに今回はシンジ君の意思だけで、頭の上にワッカを出現させてしまった。羽も生えているし、セカンドインパクトと同じと言っていたから、アダムになった・・・?新ヴァージョンだとたくさんいるらしいし。槍もたくさんあったし、前回の予告でアダムスって書いてあったし。
さらにそこにカヲルが加わった。順番が逆になったと見るべきか?完全に神になったわけではなくあれはまだ覚醒状態でこれからカヲルと融合するとかなのか?

・最後のびろびろーんって使徒(名前忘れた)が第十使徒らしいから、どうやら今回は使徒らしく(?)12体の予定なのかな。カヲルともう一匹?

・「今度こそ君を幸せにしてあげるよ、シンジ君」カヲルの台詞。意味深だ。旧作は最終的にアスカと二人きりになったわけですが、今回はどうなのか。完璧に補完されるのか、それとも補完計画がすべて失敗し、エヴァも使徒もいなくなるのか。なにはともあれ、この言い方だと、旧作のときのシンジに感謝しているみたいです。

・ネブカドネザルの鍵ってなんだろう。アダムなのかそうじゃないのか。

・次回は急じゃなくてQ:quickeningらしい。初めて赤ちゃんが胎動したのを示すとか何とか。生まれ変わるってことかなぁ。



・うーむ、さっぱりわからん。7号機も出てないのに8号機ってどういうこと?6号機が完璧なエヴァなら初号機はいらない子なのか?今度はカヲルが核となって補完されるとか?謎だらけ過ぎる。どうせ次観てもわかんないんだろうなぁ。
posted by ヤマ at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。