2009年06月30日

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破』

EVANGELION:2.0
YOU CAN (NOT) ADVANCE.



超絶ネタバレあり。観てない人は絶対に観ないで下さい。
















いやー、最高です。2年待ったかいがありました。相変わらずやってくれます。
以下思ったことをつらつらと。


・パンフレットネタバレし過ぎやろ。表紙からしてアウトだよ。いきなり槍刺さってるんだもん。

・第三の使徒は、初登場のはずですが、あっさりした使われ方でしたね。マリのための捨て駒。まぁ謎が一つ減ってよかったのかもしれない。

・庵野さんは10年の間になにかあったんでしょうか。旧作は世紀末だから暗いのを反映して暗くなってたのか。今回明るすぎる気がします。マリも含めて。今までいなかったキャラという試みは非常に成功していると思います。
ただ、それにも増してシンジ、レイ、アスカのキャラの変わりようがすごい。レイはもはや人間みたいになってたし、シンジはほとんどウジウジしない。尺の関係もあったかも知れないけど。なによりもアスカ。もはや別人のような感じ。死亡フラグを自ら立てまくって3号機に乗っかり散る。予告で眼帯つけてたけど、旧で量産型にやられるときって目貫かれてたっけ?


・使徒がやっぱりかっこいい。今回は前回以上にCG全開でしたが、アニメということもあってか全然違和感はないです。

・ビーストモードの噛ませ犬っぷりが哀しい。ていうかマリはなにもんなのかまったく説明されなかったけどする気ないのかな。

・おそらく一番の問題は、使徒を食わずに神になっちゃったこと。シンジ君の意思だけでそんなんなっちゃったからこそ、前向きすぎる印象があったんだと思う。旧作であれば、人の究極型であるエヴァがS2機関(永遠の命)を持つ使徒を食って融合し、そこに綾波がくっついてロンギヌスで貫かれることによって神になったはず。なのに今回はシンジ君の意思だけで、頭の上にワッカを出現させてしまった。羽も生えているし、セカンドインパクトと同じと言っていたから、アダムになった・・・?新ヴァージョンだとたくさんいるらしいし。槍もたくさんあったし、前回の予告でアダムスって書いてあったし。
さらにそこにカヲルが加わった。順番が逆になったと見るべきか?完全に神になったわけではなくあれはまだ覚醒状態でこれからカヲルと融合するとかなのか?

・最後のびろびろーんって使徒(名前忘れた)が第十使徒らしいから、どうやら今回は使徒らしく(?)12体の予定なのかな。カヲルともう一匹?

・「今度こそ君を幸せにしてあげるよ、シンジ君」カヲルの台詞。意味深だ。旧作は最終的にアスカと二人きりになったわけですが、今回はどうなのか。完璧に補完されるのか、それとも補完計画がすべて失敗し、エヴァも使徒もいなくなるのか。なにはともあれ、この言い方だと、旧作のときのシンジに感謝しているみたいです。

・ネブカドネザルの鍵ってなんだろう。アダムなのかそうじゃないのか。

・次回は急じゃなくてQ:quickeningらしい。初めて赤ちゃんが胎動したのを示すとか何とか。生まれ変わるってことかなぁ。



・うーむ、さっぱりわからん。7号機も出てないのに8号機ってどういうこと?6号機が完璧なエヴァなら初号機はいらない子なのか?今度はカヲルが核となって補完されるとか?謎だらけ過ぎる。どうせ次観てもわかんないんだろうなぁ。
posted by ヤマ at 00:50| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月17日

無駄遣い

西尾維新の無駄遣い。

作画担当が悪いのかマンガにすると面白くないのか西尾維新が片手間でやってて原作が面白くないのか知らんが、集英社ががんばって呼んできたであろう割には全然面白くない「めだかボックス」(だっけ?)

それでも天地魔闘の構えという単語を十年ぶりぐらいに見て吹き出した。フェニックスウィング!カラミティエンド!カイザーフェニックス!だっけ?

久々にダイの大冒険が読みたくなった。あれは西尾維新だ。


化物語がアニメ化されるらしいのでそれは楽しみです。



それにしても最近のジャンプのつまらなさはなんなのか。22にしてジャンプジャンプ言ってるのもどうかと思うけど、ヤマ(バスケ部顧問)が今でも読んでることを考えるとまだまだです。


面白かったアイシールドが打ち切りのごとく終わってしまったし。王城戦までは面白かった。が、白秋と帝黒が微妙で、アメリカとか完全に蛇足だった。

ナルトは、もうすぐ終わるのだろうか。これでサスケが来てさっさと戦えばいいと思う。暁とか何人か残ってるけどどうでも良いや。


ワンピースは最近ちょっと持ち直したけど、ただでさえ回収しきれてないキャラクターがいる中、昔のキャラを次々出すのはどうかと思う。

ブリーチは、なんかもうどうでも良いや。ヴァイザードの皆さんはいつ出てくるんですかね。素で隊長格な上に、仮面つけたら日番谷とかカスですよね。

銀魂は最近死ぬほど面白くない。あのクモのやつとかもう読み飛ばしかけてた。そろそろ潮時だな。



というわけで最近の楽しみは、助っ人団とジャガーさんくらいです。編集長が出てくる時のいぬまるくんは最高です。「面白さ絶対主義!」は名言だね。





早くハンターハンターを・・・。ドラクエなんかが出たらまた冨樫が仕事しなくなるじゃないか!







誰か手軽にできて安くておいしい料理を教えてください。鳥を焼いたのと豚を焼いたのは飽きてきた。
posted by ヤマ at 23:34| 東京 ☀| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

近況報告

新宿のバルト9で不夜城シネマフェスティバルというのに早稲田が参加してました。

映像制作専門の学科があるらしい立教、横国、早稲田、日芸、芸大、むさび、造形大、多摩美の8大学が集まって徹夜で各大学2時間ずつそれぞれの制作映画を流そうという企画。

6/5、6で、早稲田は5だったのですが。


眠い。ほとんど寝なかったけど。22時に始まり、終わるのが7時くらいという地獄っぷり。


それだけでもきつかったのに。



5日は、横国・早稲田・立教・日芸(なぜか芸大は全部二日目に)の順番だったのですが。


横国と立教のレベルの低いこと。



映像制作しているくせに学生の映画祭というのは初めてだったもんで。

劇場に流すに耐えられない映画のオンパレード。
こんなに言うと関係者に怒られそうですが、事実そうだったんだもん。


中にはカメラの使い方知ってんのか、こいつっていう映画も。


お金取って興行してるんだからある程度のクオリティーは保ちましょうよ。



ちなみに早稲田は準グランプリというのを頂きました。
グランプリは芸大の作品。


しかし、芸大の作品は角川グループから3000万制作費を頂いているらしい・・・。恐るべし。

また、芸大がメインのスタッフ(と言われている)の伊坂幸太郎原作『ラッシュライフ』がバルト9で上映されるということもあるので、もっぱら出来レースだったという噂が・・・。準グランプリなんて最初は取り決められてなかったらしいし。


まぁ僕は眠かったので2日目は行ってないのですが。







話は変わりますが、親がいなくなりました。


母親が3ヶ月ほどシンガポールでユニばーさんのスタジオを造りに行きました。

というわけで3ヶ月兄貴と二人暮らしです。
ご飯がめんどい。栄養のバランスとかどうしよう。


お金もないので極力自炊したいところです。





6月は『ターミネーター4』に『トランスフォーマー リベンジ』に『ヱヴァンゲリヲン 破』に、大忙しです。『ターミネーター』は毎度のことながら記憶があやふやなので観に行かないかも知れません。『重力ピエロ』も観に行きたい。『スラムドッグ・ミリオネア』もまだ観てない。

お金・・・。




勉強もしてますよ。たぶん。
夏休み中に、テレビの製作か東宝辺りにインターンに行くかもしれません。
posted by ヤマ at 02:09| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。