2009年01月31日

キラッ☆

mixiニュースのNICIDMANに盛大に釣られたyamaです、こんばんは。
わからない人は「錦戸亮 ACIDMAN」で検索してみよう。


菅野よう子は神だと思う。
ハンゲームで麻雀しながらニコ動でフロンティアのソングコレクションとやらを聴いてたら頭から離れなくなりました。
歌詞はまったくもって意味わかんないのに。いや、ホント通訳が必要なくらいに。

誰かYou Tubeに8話以降をうpして下さい。

もう少し早く観てたら夏合宿はもっと楽しんでたかも知れません。




で、その三年が夏合宿でやってた曲を歌っている人がFF13の主人公の声でした。どっかで聞いたことあると思ったら草薙素子(子供)でした。リップバーンでもあります。

その横にいる男は小泉一樹でした。アカサiタでもあります。




だんだん知っている声が多くなってきて、自分はもうだめなんじゃないかと思い始めた。


ちなみに声は公式HPのトレーラーで聞きました。超かっこいい。マジ欲しい。

FFシリーズはなんだかんだで全部やってるし、どれも割と好きです。RPGの中ではたぶん一番好きなんでしょう。映画っぽいからかも知れない。






まぁともかくこのままじゃダメだと思い、DVDをたくさん借りてきました。ツタヤが半額だったのです。




・『BLOOD/THE LAST VAMPIRE』(2000年、北久保弘之)

6月くらいに実写版がやるということで。BLOOD+とか割と話題になっていたような気がするけど、まったく観てなかったので。
さっき観た。やっぱりIGは素晴しい。でも短かった。


・『ロリータ』(1961年、スタンリー・キューブリック)

ロリコンはこの原作小説から来てます。ロリコンの男の子版ショタコンは鉄人28号の正太郎君から来ています。
別にそういう趣味があるわけじゃなく、キューブリックだから借りたのです。
これを観ると後この人の作品で観てないのは『バリー・リンドン』と『スパルタカス』(だっけ?)だけになるはず。両方3時間越してて観る気がしない。3時間以上を家で観ると確実に寝ます。『ゴッド・ファーザー』も寝ました。

・『HANA-BI』(1997年、北野武)

武シリーズ。これが一番話題になったかなぁ。

・『ショーシャンクの空に』(1994年、フランク・ダラボン)

悪い噂をほとんど聞かない作品。
フランク・ダラボンと言えば『ミスト』を撮った人間として俺は記憶しています。こいつは変態なんじゃないかと思った。趣味が悪すぎて。あの映画は最低です、人間として。面白いとか面白くないとかじゃなく。グロいのが平気な人は一度観て欲しい。

・『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2008年、ポール・トーマス・アンダーソン)

昨年のアカデミー賞のなんかを取ってたやつ。主演男優賞かな。
面白いという話だしめっちゃ観たかったんだけど観損ねた。期待大。





改めて見返すとなんという雑食っぷり。アニメに邦画に洋画に。ジャンルもバラバラ。なんだかなぁ。














デュエットって演奏したくなってくるんだよねぇ。クロモでツインソロ。春合宿はタイトもミークンもいねぇからできそうにない。
posted by ヤマ at 00:24| 東京 ☔| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月23日

桜色の花火、朱色のコート

明けましておめでとうございます。


三週間くらい経ってる気がするけどね。



私は元気です。ずっとバイトばっかりです。今月は労働時間が久々に100を超えます。それでももらえるのは8万なんですけどね。


無事かどうかわからないけどレポート1つ、テスト2つが終了し、教授が基地外でなければ卒業となりました。

あ、口答試験とかいう謎の物体が残ってます。






うーむ、しかしホントなんもしてない。
いかんなぁ。映画観るとか言っといて全然観てないし。

今日『チェ 28歳の革命』を観ましたが。期待していた割に微妙で残念。
なんていうかエンターテイメント性が出来るだけ消されてる気がする。純粋にチェを伝えたかった映画です、みたいな。


だいたいチェっていうのは世界的には有名な革命家だけど、アメリカ的には敵でしょう。

カストロが脇役扱いで、別物みたいにしてあったけど。


でも、なんか褒め過ぎてて気持ち悪い感じがした。

言ってることはかなり過激なんだけど、革命家として正しい道をずっと歩いていた偉大な人物として終始描かれていました。



なんか中国が日本を褒めてるような感じ…?



なんで今チェなのかも良くわからない。




まぁしかし、主演のベニチオ・デル・トロはすごかったよ。
チラシとか観ても本人の写真かベニチオの写真か区別できない。それくらい似てる。くりそつ。



まぁ、革命家に興味のある人(どんな人だ)は観てみましょう。決してデートなんかでは観ないように。『感染列島』にでも逝け。







タイトルはaikoの『約束』という曲です。最近お気に入りのフレーズ。さて、なにを表しているでしょう。






aikoの詩には良く四季が出てくる気がします。

・「鼻先をくすぐる春、リンと立つのは空の青い夏、袖を風が過ぎるは秋中、そう気がつけば真横を通る冬」/カブトムシ

・「春の緑も、夏の日差しの中も、秋は心、冬は白」/ハルとアキ



まだあった気がするけど。アルバムも四季だったしね。
その中でもタイトルのが好きなんです。



2/18にニューシングルと3/4にDVD発売です、よろしく。



春合宿で『熱』〜『彼の落書き』をやるんで、そのうちメールが届くと思います。よろしく。
posted by ヤマ at 01:03| 東京 🌁| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。